【レーシック知識】ドライアイとレーシックの関連性

視力だけの悩みではなく遠視や近視などで悩みを抱えている人も多くいらっしゃることでしょう。
レーシックではそのような悩みを持っている人も驚きの効果を実現することが出来るのです。 そもそもドライアイというのは眼の水分が少なくなってしまい、眼が乾いてしまう状態になることを言います。
レーシックは角膜を削っていくことになりますが、角膜には眼の水分を調節する神経が沢山あることからレーシック後にドライアイとなってしまうことがあるのです。
レーシック手術とドライアイについての知識をまずはしっかりと把握しておく必要があります。
実際ドライアイの人はレーシックのクリニックでいろいろと相談をしてみるようにしましょう。

 

ドライアイというのは、目薬を使うことによって自然に症状が収まってくることでしょう。
元々ドライアイの人も適性検査をクリアすることでレーシックを受けることが出来ます。





aws
URL:https://cloudpack.jp/
aws、今すぐアクセス


【レーシック知識】ドライアイとレーシックの関連性ブログ:18年08月15日

減量には、適度な運動が効果的なんですが…

「どんな運動をしたらよいのかわからない…」とか
「そもそも運動が嫌い…」といった人に、
ミーはアイソメトリックスをお勧めします。

アイソメトリックスというのは、日本語に訳すと「等尺性筋収縮」。
解りやすく言うと、
「筋肉の長さを変えずに力を加える」運動のことを指します。

ストレッチのように筋肉を伸ばしたり縮めるのではなく、
体質の各部分の筋肉の長さを変えずに力を加えて、
約7秒間緊張させることによって筋肉を鍛える運動です。

腕相撲で、力が均衡していて、
握った拳が止まって動けないような状態ってありますよね?
そんな状態を意識的に作り出すことで、
筋力と基礎代謝をアップさせようという運動です。

道具も場所も選ばず、
どこででも短時間で筋肉を鍛えることができるのが、
このアイソメトリックスという運動の特徴です。

アイソメトリックスは、
筋肉を伸縮させる運動ではないので、
固定された物を押したり引いたりすることで、
筋肉を固定したまま鍛えることができます。

また、
両手を胸の前で合わせて押し合う運動や、
胸の前で手を鍵状に組み、引き合う運動も、
アイソメトリックスになります。

電車の中や仕事をしながら、テレビを見ながら…など、
思い出したときに、このアイソメトリックスを行っていれば、
知らないうちに少しは筋力がアップしているはずです。

簡単な運動ですが、
何もしないよりは、当然減量効果は上がります。

筋肉は力を加えないとどんどん衰えていくだけです。
ちょっと意識を持つだけで、
アイソメトリックスのような簡単な運動で筋肉を動かし、
筋力や体力の低下を防ぎ、減量を成功させましょう!