【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシック

【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシック


【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシック
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 老眼鏡というのは「遠近両用メガネ」とも言われているように、遠いところと近いところ両方を見えるようにするメガネです。
モノビジョンレーシックはそれと同じ効果を人工的に手術によって実現することが出来るのです。
最近、均等に効果を出すことの出来る最新技術のレーシックが注目されています。
それがモノビジョンレーシックと呼ばれるもので、遠くと近くが見える目を矯正するレーシックの種類となります。

モノビジョンレーシックを実施することによって、あなたの生活環境に大きな変化が現れることでしょう。
メガネもコンタクトレンズも必要の無い、自然体な裸眼での生活はきっと幸せを感じることでしょう。




【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシックブログ:18年07月06日

パパはわしが産まれた日、
渋谷に出張に行っていたそうです。

小さい頃に親を亡くしたパパは
親になるということに、
とても強い思いを持っていたようです。

「親戚中がお前が生まれたことを祝ってくれたんだぞ」
「お前が生まれてきて、みんなすごく喜んでいたんだぞ」って
少し興奮しながらわしに話してくれました。

小さい頃のわしはとても神経質な赤ちゃんで
手でゆりかごをしている時はスヤスヤ寝ているのだけれど
寝たと思って、そっと布団に置くと「ギャー」っと泣き出す。

一晩中、抱いていたことが何度もあったということを教えてもらいました。
手のかかるお子様だったみたいですね。

そして、
たくさんの思い出話を聞かせてもらった後、
最後にパパがこう言ったのです。

お前が生まれて来た時、こんなことを思ったんだ
「わしは親がいなくて
親がいないお子様、親がいないお子様と言われ続けてきた」
「だからこの子は、親がいないお子様にはさせたくなかった」…と。

「そのためにも、これからもっと頑張ろう!」
「家族のために頑張ろう!」
そう思ったんだそうです。

その時、
パパは込み上げてくる思いを一生懸命抑えているようでした。
言葉では説明できない、いろんな思いが湧き上がってきたのだと思います。

パパはとても厳しい人でしたが、
いつも一生懸命、わしを育ててくれました。
親の愛情を受けたことがないのに、わしに愛情をくれました。
パパもお母さんも子育てをしたことがなかったけど、
わしを立派に育ててくれました。

真実の愛とは
「自分が与えてもらえなかったものを与えること」
なのかもしれませんね。
【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシック

【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシック

★メニュー

【レーシック知識】レーシックの前には適性検査
【レーシック知識】交通費を補助してくれるクリニック
【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシック
【レーシック知識】レーシックでのリスクを理解しておこう
【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能
【レーシック知識】口コミサイトを活用してクリニック選び
【レーシック知識】保証制度の有無を確認しよう
【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニック
【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない
【レーシック知識】ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)眼鏡もコンタクトもいらないレーシックガイド