【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない


【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。
レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。




【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:18年09月18日

あたしの祖母は、91歳のアケさん。
4年間に兄と
子ども2人(あたしのママ・叔父)を次々に亡くした。

ママを亡くした年の暮れに脳溢血で認知症になった。

親戚や知人は「これで良かったんかの…」と言った。
正気のままではアケさんが可哀想だと…

兄はともかく、
子どもに先立たれることは何よりも悲しく辛い。
まして、年老いて出来た子ども2人に先立たれるとは…

初孫であるあたしが県外からこの地に来てもう9年、
アケさんの介護を始めて6年以上経つ。

畑仕事が大好きで
「八百屋でもやるの?」というぐらいたくさんの野菜を作っていた。
毎10時、畑から採ってくるブロッコリーが大好きだった。

野菜のほかにもキレイな花をたくさん育ており、
家の中は四季折々の花が飾られていた。

脳溢血になり、要介護2になったアケさん。
6年の歳月で今は要介護4になってしまった。

あたしが「孫」だということは分かっておらず、
「しーちゃん」という存在でしかない。

アケさんとしーちゃんの2人暮らし。
要介護4、在宅介護はギリギリの状態だ。

デイサービスというものがあって本当に助かっている。
一人でする在宅介護は並大抵のものではない。

「孫が一人で祖母の介護をしている」という現実に、
周りもとても良くしてくれる。

約6年半介護しているうちに
「当たり前」の「毎日」になったが、
介護し始めの頃は多くの苦悩があった。

「子どもに還る」という言葉その通りで、
いつでもどこでもあたしの存在を探す。
あたしがいないとダメなようだ。

そんなアケさんを、あたしは失礼ながら可愛くてたまらない。

あたしは小さい頃から本当に可愛がってもらい、
多くのことをアケさんの生き様で教えてもらった。
そんなアケさんに、今やっと恩返しできている。

【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

★メニュー

【レーシック知識】レーシックの前には適性検査
【レーシック知識】交通費を補助してくれるクリニック
【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシック
【レーシック知識】レーシックでのリスクを理解しておこう
【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能
【レーシック知識】口コミサイトを活用してクリニック選び
【レーシック知識】保証制度の有無を確認しよう
【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニック
【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない
【レーシック知識】ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)眼鏡もコンタクトもいらないレーシックガイド