【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニック

【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニック



【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニックブログ:18年05月03日


子どもの好き嫌いに、
頭を悩ませているお母さんは少なくない。

しかし、
ご飯中の穀物の量を増やせば、
子どもの好き嫌いは激減する。

子どもが必要量の穀物を食べずに、
大量のおかずを食べてしまうと、
それだけでウエスト一杯になってしまい、
穀物が食べられなくなる…

おかずには
子どもにとってまだ早い食品などもあるので、
そうなると途端に子どもの好き嫌いが始まるのである。

子どもが好き嫌いしたら、
ほとんどのお母さんたちは
なんとかして食べさせようとするのだが、
そういう努力をするのではなく、
おかずの量を減らすという対策を取れば良い。

おかずの量が減らしてしまえば、
子どもは限られたおかずでライスを食べねばならず、
結果的に嫌いなおかずでも食べざるを得ないのだ。

要はご飯過剰だからこそ
子どもは好き嫌いを言い出しているのであって、
ご飯の量を減らしてしまえば、そんなこと言っていられなくなる。

メインとなるおかずなどは1品でいいのであって、
炒め物か焼き魚を出して、
それをみんなで分け合って食べれば、
それにつられて食べてしまうものである。

穀物を精白穀物にしてしまうと、
栄養バランスがどうしても崩れてしまうので、
子どもはおかずを大量に食べることになる。

しかしそんなにおかずを食べてしまえば、
おかずだけでウエストが一杯になってしまうので、
穀物の消費量が更に減少するという悪循環に陥ってしまうのだ。

だから穀物は無精白穀物を使うべきである。
無精白穀物なら栄養バランスが整っているので、
おかずは少量で足りるようになる。

そうなれば
おかずでウエストが一杯になるという事態を避けることができる。
そういうご飯であればこそ、
子どもは穀物を大量に食べてくれるのである。

【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニック

【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニック

★メニュー

【レーシック知識】レーシックの前には適性検査
【レーシック知識】交通費を補助してくれるクリニック
【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシック
【レーシック知識】レーシックでのリスクを理解しておこう
【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能
【レーシック知識】口コミサイトを活用してクリニック選び
【レーシック知識】保証制度の有無を確認しよう
【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニック
【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない
【レーシック知識】ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)眼鏡もコンタクトもいらないレーシックガイド