【レーシック知識】レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。 レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。
レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。

 

まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。



【レーシック知識】レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:18年06月17日

お父さんはがんで入院し、余命を宣告されていました。
しかし、死と闘う人には健康という言葉は無縁のものでしょうか? 

僕はお父さんの闘病生活を見ていて、
健康って何だろうと考えさせられました。

お父さんの肉体は、病にむしばまれていましたが、
心は誰よりも健康でした。
大部屋での笑い声はいつも父の声。

そして空を見ては、
大好きな俳句をノートに書きとめていました。
僕はお父さんの心の内をみようともせず、共に笑っていました。

しかし、そんなお父さんも個室へ移る日がやってきました。

怖かったに違いありません。
でもお父さんは「大声で笑えるな」といいました。

その視線の先にあったのは、
空が見えない窓、古い病室の壁のしみ…
暗く、静かな病室は、不安だけがあふれています。

僕は申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
お父さんは最期の時間を、この中ですごさなくてはならないのかと…

お父さんは、そんな僕の気持ちを察したのでしょう。
「千羽鶴が華やかに見えるな」と、笑顔で言ってくれました。

お父さんは、
亡くなる一日前まで笑顔でいることができました。

ある午前中、目を覚ましたお父さんは僕に、
「きれいな部屋だ」とやさしくほほえみました。
「壁も、窓の外も、千羽鶴も、みんな黄色一色だ。幸せの色だな」と。

すぐに肝臓のせいだとわかりましたが、
お父さんはうれしそうに笑うのです。

それが、お父さんの最後の笑顔となりました。
壁のしみも窓の外の病棟もきれいだ…と、目を閉じたのです。

病に倒れても笑ってくれたお父さん。
僕に心残りがないようにと最後に言ってくれた言葉…

僕は丈夫なを肉体持っています。
でもあんなふうに笑えているだろうか? 
お父さんの残してくれた笑顔は、
周りの人みんなに健やかな心を与えてくれました。