【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニック

レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。 レーシックにおける紹介制度というのは、友人や知人がレーシックを検討している時に有効的に使いましょう。
双方が得をするシステムなので積極的に利用をされると良いでしょう。
レーシックの手術を受けた患者さんが他の人を紹介し、その人がレーシックを受けた場合におきましては、謝礼金が貰える制度が中にはあります。
商品券などを受け取ることが出来るメリットのほか、紹介された人も割安価格でレーシックを受けることが出来るようになります。

 

最近におきましては安全性への配慮から、どのクリニックも割引制度をしていないことがあります。
しかしまだ実施しているクリニックはあるので比較サイトなどで探してみてください。



【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニックブログ:18年06月25日

オレ自身の経験からもそうなのですが、
減量って根性や忍耐は不要だと思います。

実際、根性入れて
連日限界まで腰回しして、
汗ダクになって立てなくなるまで走りこんで、
そして一汁一菜の食事もしくは断食をして…
なんて減量ってどう思います?

そりゃ、これだけやれば
体重なんてあっという間に減るでしょうね。

でもオレは、こんな風に一時的に爆発的に行なうものを
「減量」とは言わないと思います。

だって、何かのイベントに合わせて痩せて、終わったら元に戻って…
なんて減量ではないですよね?

根性や忍耐で爆発的に頑張って、急激に痩せたものは長続きしません。
長続きさせたらそれこそ肉体の限界を超えて、体を壊すだけです。

体を壊す減量なんて、オレはしたくもありません!

例えば、夜中に食べても、
30%脂肪吸収率が上がるだけです。

その30%余分に吸収した体脂肪は
明明後日以降のどこかで挽回すればいいだけの話なので、
「夜中食べちゃったから減量できない」
ことはないのです。

事実、オレの夕方食時間は、
ほとんど20時10時〜12時です。
こんな生活でも半年で6`落とせました。

世の中の減量法の「これはダメ!」と言うのも、
「これをやったら減量は失敗」
というのではなく、
「こうした方がベター」
と言った程度のものなのです。

数ある禁じ手を守らなくても、減量はできます!

だから
「これをやっているから、オレには減量は無理」
なんて考えないで、
「じゃあ他の方法を考えよう」
と言う具合に発想の転換をしましょう!